2020年 ユニコーンS(G3) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果 あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったデュードヴァンがきましたか…^^;。
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ ⑪サンダーブリッツ 4着(10番人気)
勝ち上がりまで4戦を要しその後は中団より後方からの競馬で9、5、9着と結果が出せずが…、前走横山(典)Jに乗り替わり勝ち上がった戦法の中団より前の5番手からの競馬が結果、最速の上がりでクビ差も差し切り勝ち。コレ!という推しは少ないがキンシャサノキセキ産駒と未知の魅力となる鞍上の“何か”に期待してみる。

◯ ⑨メイショウベンガル 10着(7番人気)
デビュー2戦目で勝ち上がり以降、勝ち馬から1.5、1.0、1.3、3.3秒差と芝ではアタマ打ちな感だった。ところが前走ダートに矛先を向けると1勝クラスながら2着に7馬身差をつける圧勝劇も余裕さえも感じた結果。また鞍上テン乗りも戸崎Jというのも魅力、父クロフネの血が騒げば…期待する。

▲ ⑦サンライズホープ 8着(9番人気)
新馬戦で後の鳳雛S(L)を勝ち、次走はJDD(G1)へ向かうミヤジコクオウををクビ差凌ぎ逃げ切り勝ち。ただ2戦目3戦目共に1番人気に支持されるも7、4着と結果が出ずも前走1勝クラスで2番手から好タイムで2勝目。明らかに馬体が絞れ動きが変わってきた分と、勝負根性を武器に再度好走を期待する。

△ ⑯◯外カフェファラオ 1着(1番人気)
規格外!?と思わせるデビュー2戦中だが特に新馬戦は2着に10馬身、そして3着はそこから更に9馬身差の圧逃劇。その当時2着馬バナードループはその後3連勝で兵庫CT(G2)を制したバナードループとなると…どこまで!?。最近“カフェ”の冠から活躍馬が…という不安はあるものの、日本でこの産駒から大物を期待したい。

× ⑤◯外レッチェバロック 9着(2番人気)
コチラも規格外!?かもと思わせる1頭だが、個人的にはコチラが◯より上と見ている。デビュー2連勝中で新馬戦は大差勝ちはともかく、特に2戦目の3歳1勝クラスで2着に9馬身差から好タイム勝ち。唯一気になる距離は、鞍上ルメールJが大丈夫という事で素直に信じて好勝負までも期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は、直線は並ばれてあっさりそこから突き放した1番人気のカフェファラオ、
2着は、後方外から長い脚を使い豪快に追い込んできた3番人気のデュードヴァン、
3着は、2着馬を追いかける形で脚を伸ばした11番人気のケンシンコウでした。

我が本命◎サンダーブリッツは見せ場を作るも4着…

我が本命の◎サンダーブリッツですが結果4着となりました。真ん中よりちょい外枠からスタートでしたが、スッとゲートを出れポジション取りへ。芝からダートに入り中団の外から内に切り込んで前目の6~7番手からの追走。折り合いも付いて脚を溜めながらのレース。直線半ばまでは良い脚を伸ばしよもや!?と思ってましたが、勝ち馬が強く2着馬にも外から勢いの違う差し脚でしたので明らかに力差を感じるも最後にケンシンコウでしたに差され4着まで。ちょっと仕掛けが早かったかもしれませんが所詮タラレバ。馬券圏内には惜しい競馬でした。

勝ち馬カフェファラオは、もう“強い”の一言

馬券的には、カフェファラオはパドックでもややチャカチャカしてたが直線半ばレッチェバロックに並んで並走するも、ムチを入れたら一気に交わす形で2着に5馬身差の勝利。もう強いの一言です…が、これは米クラシックレースを狙ってもらいたいと思わせる1頭ですね。そして2着は後方外から忘れた頃に強烈な長い末脚でぶっ飛んできた、デュードヴァンでした。正直、返し馬で△のレッチェバロックを見た時はデュードヴァンにしておけば…と思いましたが案の定www。そして3着はそのデュードヴァンを追いかける形で上がってきた11番人気のケンシンコウでした。コチラは完全度外視でした…うーん、今週も厳しい結果でしたが、コレも流れが来るのを待つのみと思ってます><。

来週は、上半期の締めくくりとなる宝塚記念(G1)ですね。サートゥルナーリア、ラッキーライラック、クロノジェネシスに加え他のG1馬も出てきます。障害重賞を除けば、重賞はこのレースだけ。的中に向けて頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました