2020年 プロキオンステークス(G3) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果 あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったレッドルゼルやスマートダンディーは飛んでくれたが…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ ②デュープロセス 4着(14番人気)
デビュー6戦目のユニコーンS(G3)2着までに昇竜Sと青竜SのOPを含む4勝2着2回とコレは!?と思う素質馬と思っていた。が、以降兵庫ゴールドトロフィー(G3)は勝ったものの力を出しきれてない印象。今回は休み明けでもこの枠なら2走前の再現で逃げる競馬も!?、鞍上もCBC賞で逃げ切った斎藤(新)Jでもう一発を期待してみる。

◯ ⑧ブルベアイリーデ 14着(10番人気)
前走のさきたま杯(G2)ではスタートで挟まれる不利がありながら、最速の上がりで0.5秒差の4着まで追い上げた。また近走は東京のイメージが俄然強く、阪神コースは12着の1度とやや疑問符はつくが、【2200】の馬場悪化は魅力。過去にはレッドルゼルを最速の上がりで差し切り破った力、そして鞍上横山(望)Jの新味を期待してみる。

▲ ⑩スマートアヴァロン 11着(11番人気)
“スマート”で悩んだがコチラをチョイス。しまいの脚が確実な抜群の安定感を持つのが魅力。また前走の根岸S(G3)で3着と、勝ち馬モズアスコットやコパノキッキング相手に最速の上がりで0.4秒差なら。馬場悪化も【1132】で正直勝ち切るとまでは…だが、馬券圏内という面で期待してみたい。

△ ⑭サクセスエナジー 10着(2番人気)
中央の舞台が厳しく、地方重賞が主戦と思ってたのだが近2走が59、58キロを背負いOPとリステッドで2連勝。前走後に放牧を挟んであれから更に力をつけたと陣営の言葉、そして鞍上は曲者和田J【3103】に戻るのも魅力。ラプタスやレッドルゼルにリベンジで今度こその好結果を期待する。

× ⑦ラプタス 6着(3番人気)
デビューから3戦芝で5、15、16着と全く良さが出ず、ダート転向した以降【6001】が全てダ1400mという拘り。また、馬場悪化も【2000】と文句なしで鞍上幸Jで6勝と手の内に入れてるのもプラス材料。気になる芝スタートは、最終追いきりで芝で追った事が生きれば…期待してみる。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線馬場の外目からトップハンデも脚を伸ばした5番人気のサンライズノヴァ、
2着は勝ち馬の横で好位置から脚を伸ばした8番人気のエアスピネル、
3着は早め先頭で押し切りを図った9番人気のヤマニンアンプリメでした。

本命◎の14番人気デュープロセスが4着に

我が本命の◎デュープロセスですが結果4着となりました。内枠からのスタートは、スッと出れるも二の脚がつかず後手となり1角までポジション取りでどこへ!?、道中は予想外でまさかの最後方…の時点でかなり危険な状況と思ってました。折り合いもつきやや離された追走ですが、もう腹を括って直線に賭けるしか無いという感じ。直線ではどの馬よりも大外をぶんまわしあの位置から強烈な脚を伸ばし4着まで追い上げたのは驚き。まともなら…と、タラレバは禁物ですが惜しい競馬をしました。せっかく人気がなかったのに次走は少々人気しそうだな…^^;

59キロのサンライズノヴァが勝ち切るとは…

馬券的には、話にならない予想でしたが59キロのサンライズノヴァに勝ち切るのはビックリ。更に2着に初ダートのエアスピネル、そして大外でもこの馬を選んだ武(豊)Jのヤマニンアンプリメでした。いやはやサクセスエナジー…ラプタス…やはり競馬は難しいし甘くないですね。別定戦ながら3連単の配当は826,670円と超高配当馬券…でしたが無念の敗北ですね。ただ、過剰人気と思ったレッドルゼルとスマートダンディーを切れたのは良かった。

来週は中京記念(G3)に函館記念(G3)、そして函館2歳S(G3)が開催予定ですね。もう2歳重賞線が始まります。この世代最初の重賞ウィナーはどの馬に!?、楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました