2020年 京都大賞典(G2) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果 あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったグローリーヴェイズとキングオブコージが1、3着って…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ ⑧カセドラルベル 10着(7番人気)
2、3勝クラスを連勝し全8戦【4211】と確実に力を付け、全8戦で上がりは全て3位以内という同馬。今回は初距離で初コース、更には初重賞挑戦がこの京都大賞典(G2)だが主力は休み明けばかりで付け入る隙があるはず。鞍上は2戦2勝の松山Jで、前走プラス14キロから更に上積みも見込め一発を期待してみる。

◯ ⑯ミスマンマミーア 13着(9番人気)
重賞で厳しい結果が続いてるが、OPの前走でおい不足と言ってプラス16キロでもラスト追い込み0.5秒差の5着。その前走はトリコロールブルーやサトノクロニクル、ラストドラフト等骨っぽいのを相手の事。今回はG2と更にクラスは上がるが3走前のこの舞台で強い競馬、そして距離延長と強心臓池添Jに激走を期待してみる。

▲ ⑥ステイフーリッシュ 5着(4番人気)
2018年の京都新聞杯を勝った以降勝ち星はないが、G2、G3で共に2着2回に3着3回の超堅実さ。そして今回は京都【1111】と重賞を勝った京都に戻り、鞍上も当時勝利に導いた藤岡(祐)J【1221】は魅力。G1では荷が重く感じるが、このメンバーで叩かれた上積みから好走を期待する。

△ ②キセキ 2着(1番人気)
川田Jがグローリーヴェイズという事で鞍上はテン乗り浜中Jとなるがコチラを狙いたい。菊花賞以降勝ち星がなくとも、ジャパンCに大阪杯で2着2回に宝塚記念では2年連続2着と力は上位。もちろん本番前で仕上げてくるだろうが、好走を期待する。

× ⑮パフォーマプロミス 6着(6番人気)
2019年の天皇賞・春(G1)で8番人気を覆し3着、そして今年初戦の鳴尾記念(G3)が10番人気を覆す勝利。休み明けで【4111】とフレッシュな方が結果も良く、4ヶ月振りで京都【2202】に鞍上は勢いのある福永J。強力なライバルもいるが、秋のG1に向け好勝負まで期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線馬場の真ん中から一気に脚を伸ばした3番人気のグローリーヴェイズ、
2着はやや外目の後方からまくり気味で追い込んだ1番人気のキセキ、
3着は後方外から脚を伸ばした2番人気のキングオブコージでした。

直線入って一瞬見せ場も…

我が本命の◎カセドラルベルですが結果10着となりました。格上挑戦で真ん中の枠でのスタートは、すんなり出れまして1角までに少し前に出す感じになりました。1角では2番手のやや外めからの競馬は予想外に前々になりました。道中は3番手を2馬身ほど引き離し前にダンビュライトを置いての折り合いも付き追いかける形。3~4角で徐々に馬群が固まってくるが2番手で脚をためる形。直線入り口で先頭に並ぶ形で直線へ。その直線では少しだけ見せ場をつくるも相手が悪かったか一気に差し切られましたね。さすがに格上挑戦過ぎたか力をまだまだつけないとダメですね。

3、1、2番人気決着で穴党は…

馬券的には、1着グローリーヴェイズ、2着キセキ、3着キングオブコージって…人気馬決着。。。このメンバーで結果的にG1馬の2頭が勝ってしまうとは…穴党の出番は全くなしでしたwww。しかしこの頭数で有力馬は叩きみたいなもんだけに何か波乱を起こしてほしかったが、能力がヌケてたという事ですね。3連単の配当は3、1、2番人気で17,470円!?はちょっとビックリでしたが、残念ながらハズレはハズレ…はい次!って感じですwww。

来週はデアリングタクトが無敗の牝馬3冠馬となるか!?の牝馬クラシック最終戦秋華賞と、ラヴズオンリーユーやダノンファンタジーが出走予定の府中牝馬Sが開催されますね。はい、諸事情によりリアルに見れない私でして、更新が遅くなったりする事はご了承下さいませ。

タイトルとURLをコピーしました