【POG】キタサンブラック産駒で母ドバウィハイツの2020となるベルビューポイントの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

良血馬な仔を多く輩出も、思うような結果が出ない状況だが…。父はキタサンブラックで母ドバウィハイツの2020となるベルビューポイントをご紹介したいと思います。

ベルビューポイントのプロフィール

馬名:ベルビューポイント(2歳・牝馬)
馬主:社台レースホース
管理:高野師
募集額:4,000万円
生産:社台ファーム
父:キタサンブラック
母:ドバウィハイツ
母父:ドバウィ
デビュー予定日:2022年10月1日(土) 中山 芝1600m
鞍上予定:吉田(隼)ジョッキー

新馬勝ち馬は魅力馬多数

父はキタサンブラックで先週の新馬戦では、フレスコバンクールが勝ち馬トレドが2着に6馬身差を付けレコード決着から9馬身1/2離された3着と相手が悪かった印象。また未勝利戦のアンクルブラックは、斤量50キロの今村(聖)Jで後方から追い上げて4着まで。その他カンナステークスや野路菊ステークスへの出走馬はなく、産駒全体として勝ち星を挙げる事ができませんでした。さて、現2世代目となる2020産ですが既に新馬勝ちから魅力な馬が複数出てます。ラヴェルがアルテミスS(G3)、コナコーストが萩S(L)へ参戦予定。更に新馬戦で素質を垣間魅せたヒップホップソウルは強い内容で勝ちました。各々今後どんな競馬をしていくの非常に楽しみな産駒です。

母から重賞勝ちのリバティハイツを輩出

母はドバウィハイツで英国産のドバウィ産駒ですね。現役時は、イエローリボンSとゲイムリーSのG1・2勝馬でウィルシャーHのG3を勝ち、通算15戦5勝で引退し日本で繁殖入り。その繁殖生活ですが、代表産駒は2015のリバティハイツ(父キングカメハメハ/牝馬)がFレビュー(G2)勝ちが唯一の重賞勝ち馬。その他2018のランドオブリバティ(父ディープインパクト/牡馬)はきさらぎ賞(G3)3着の実績あるが…現3勝クラスで意外にもウロウロな状況。因みに2021はブリックスアンドモルタルを、2022はイスラボニータを配合されてる模様。

ポテンシャルの高さを感じる

そんな中、キタサンブラックを配合されたベルビューポイントが今週末デビューを予定しています。預託先はこの兄弟全体の中で唯一の重賞馬を出している高野師。8月末にゲート試験を合格し、調教では順調そのもの。操縦性や柔軟性を魅せておりクラシックディスタンスを狙う上でも距離の方も問題なしでポテンシャルの高さを感じます。気になるビュー戦が10月1日(土)の中山芝1600mに鞍上吉田(隼)ジョッキーで参戦予定。ただここには…ダノンザキッドを兄に持つダノンタッチダウンが福永ジョッキーを背に参戦予定とコレは強敵か!?。個人的には注目の新馬戦ですが、どんな結果になるか興味津々です。

タイトルとURLをコピーしました