2015 鳴尾記念 予想

今日のあてたろう予想!

ダービーが終われば、新たな一年の始まりです。
今週から2歳戦もスタートし、各陣営もここから来春の頂点を目指すワケですな~。

では、本題に戻します。
3歳クラシックはオークスを制し、ダービーでも2着と存在感を示した厩舎はどこでしょうか?
それは『池江厩舎です』!
そんなオレの予想は…。

◎ ⑩ラブリーデイ
5歳になってようやく本格化か。
年明けの中山金杯で重賞初制覇、続けて京都記念も勝ち、重賞2連勝。
京都記念後は2連敗だが、明らかに距離の壁でしょう。
この馬の上半期の最大目標は、もちろん阪神2200mの宝塚記念。
得意の中距離戦とあれば、巻き返しは必至。

◯ ③エアソミュール
馬場が渋ると勝ち星無し…。
だったのだが、前走の大阪杯で苦手なはずの不良馬場で3着を確保。
その大阪杯はダービー馬のキズナをはじめ、G1馬が6頭も揃った超豪華メンバーだった。
今回は相手に重賞馬はいるが、前走のようにG1馬が揃っているわけではない。
重賞2勝のこの馬自身も実力上位の一角。

▲ ④アズマシャトル
昨年はダービー後、矛先を変えて古馬と混じって準OP勝ち、OPでも健闘。
年明けの白富士Sで念願のOP初勝利。
ただ、ここに入っての斤量56kgは少々見込まれた感はある。
今週から降級のため、形式的には格上挑戦。
だが、実力的に遜色無いのは白富士Sの鮮やかな勝ちっぷりからも明白。
脚質的に頭数が少ないのも好材料か。

注 ⑦クランモンタナ
今回2頭出しで挑む音無厩舎。
昨夏のOP入り直後に新潟記念で2着。
が、以降は掲示板にも載れない状況が続いている。
この馬、体重によって成績の変動が激しいようで元々調子を上げるのはこの時期あたりから。
470kg台は好走パターンで480kgオーバー時はことごとく凡走。
叩き2戦目の上積みや得意の阪神、音無厩舎【敢えての2頭出し】には「何か理由」があるはず。

△ ①グランデッツァ
元はといえば3歳時にはスプリングSを勝ち、皐月賞で1番人気に推された実力馬。
もう忘れてましたよね(笑)
『昨年の都大路S』で記録した京都芝1800mの1分43秒9という時計は日本レコードタイム。
今年は2着に敗れているが「ひと叩き」としては上々の結果だろう。
昨年の函館記念あたりから脚質を先行にしたことで粘りの走りが定着。
2000mの勝ち星はないが、開幕の阪神とこの1枠でなんとかならんか。

【3連単2頭軸フォーメーション】
③⑩→①③④⑦⑩→①③④⑦⑩

オッズを見ると『実力拮抗』状態。
点数絞らないと、トリガミっちやいますね。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする