2020年 佐渡ステークス 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果 あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったシュリは飛んでくれましたが…荒れましたね^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ ⑤ローズテソーロ 11着(6番人気)
秋華賞では勝ち馬クロノジェネシスと同じ上がり2位タイで6着だが、先週重賞2着となったビーチサンバには0.2秒差。また前走は1番人気に支持されるも4着と負けてしまったが、マイナス16キロの馬体が響いたか。休養と転厩も挟んだが調教も以前より良く、昨年にこのコースを勝ってるのも強みもあり好走を期待する。

◯ ⑩ハンターバレー 10着(11番人気)
初勝利が昨年10月とデビュー9戦目だが、その後も2勝の勝ち星を積み上げ挑んだ前走が12番人気で6着。着順だけを見ると…だが内容が不良馬場をほぼ後方から上がり2位の末脚で追い込んでのもの。ポテンシャルの高さを感じたのと、新潟【2201】は得意の舞台でラストの末脚に賭ける。

▲ ⑪ワンダープチュック 9着(8番人気)
勝ち星がだいぶ遠ざかってる上に、近走はかなりの使い詰めで結果が出ずようやく放牧へ。リフレッシュ効果が現れたのか陣営のトーンは明るい感じに、距離は【2306】にコース【1101】。また鞍上幸J【1010】と好相性なだけに最後の末脚で豪快な追い上げを期待してみる。

△ ⑨スパイラルダイブ 4着(3番人気)
脚元に不安があるものの前走も“らしさ”を見せる4着と休み明けでも最速の上がりでの競馬。叩き2戦目で脚元も大丈夫、デキも前走と遜色ないという事でこのメンバーならそろそろ出番か!?。鞍上は継続騎乗の戸崎J【0102】だが、得意の舞台で好レースを期待する。

× ①サトノダムゼル 1着(1番人気)
デビュー3連勝で挑んだ秋華賞が13着と負けてはしまったが、前走3勝クラスでは4ヶ月明けも2着と結果を出した。また当時の相手が5着馬は後のマーメイドSを勝ち、4着馬は後の福島牝馬Sで2着と重賞で好走となかなかのレベル。血統的能力からここでも力は足りるはずで素直に好勝負を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線後半で早め先頭にたった2番人気のサトノダムゼル、
2着は直線最後に後方から鋭い脚で伸びた14番人気のフィニフティ、
3着は直線勝ち馬を追いかけるべく番手で粘った9番人気のオメガラヴィサンでした。

転厩初戦は厳しかったか、見せ場なし…

我が本命の◎ローズテソーロですが結果11着となりました。スタートはやや内目の枠でしたが、スッと出れたものの馬群の中から真ん中の位置で1角へ。道中は中団の馬群の中で追走する形と進路が気になる私だったが、、、。また、4角で外に出してほしかったがそのまま馬群の中から直線へ。勝負どころで脚伸ばすも周りと脚色が一緒になり、結果的に見せ場もなく伸びきれませんでした。

14番人気と9番人気が2、3着で大波乱決着

馬券的には…勝ち馬サトノダムゼルはともかく2着が6戦振りに好走となった14番人気のフィニフティ、そして3着が1年4ヶ月の長期休養明けからいきなり激走の9番人気オメガラヴィサンで、3連単445,470円と高配当決着。どちらも予想の候補に入っていたが、頭数がこれだけ多い中で5頭の中にこの2頭…難しかった。。。波乱は想定したが、我が予想で狙ってる馬がダメダメ…見る目がないがまだまだ競馬は続きます。一発逆転を狙って予想していきたいと思います。

明日は3歳ダート重賞のレパードSと古馬のG3エルムSですね。諸事情によりもう予想は決めてしまいましたが、的中に向け良い結果になるのを祈ります。

タイトルとURLをコピーしました