【POG】エピファネイア産駒で母バウンスシャッセの2020となるレヴォルタードの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

父はエピファネイアで母バウンスシャッセの2020となるレヴォルタードをご紹介したいと思います。

レヴォルタードのプロフィール

馬名:レヴォルタード(2歳・牡馬)
馬主:キャロットファーム
管理:手塚師
募集額:8,000万円
生産:ノーザンファーム
父:エピファネイア
母:バウンスシャッセ
母父:ゼンノロブロイ
デビュー予定日:2022年10月8日(土) 東京 芝1800m
鞍上予定:ルメールジョッキー

先週はサフラン賞で1勝

父はエピファネイアで、先週の新馬戦ではシーギリアが3着にハクシンレガロが14着。また未勝利戦ではラバタンシンが2着でダンツクリスタルとラミアストラーダが共に4着、更にサクラトップクリスが10着でした。そして1勝クラスのサフラン賞では2頭出走し、サンティーテソーロが1着にロッソランパンテが7着。産駒として計1勝を積み上げました。現状ではコスモス賞(OP)を制したモリアーナが産駒筆頭格になりますが、好素材と思わせる新馬勝ち馬もいます。この世代でもG1馬を出してくるのか楽しみですね。

牡馬皐月賞(G1)に参戦した母

母はバウンスシャッセでゼンノロブロイ産駒ですね。現役時はf新馬勝ちデビュー5戦目のフラワーC(G3)で重賞初制覇。そして牝馬ながら皐月賞(G1)に参戦で3番人気に推され11着。その後オークス(G1)では勝ち馬ヌーヴォレコルトに0.1秒差の3着と力を魅せました。古馬になって中山牝馬Sと愛知杯の重賞2勝の実績を積み上げ、通算16戦5勝で引退から繁殖入り。その繁殖生活は、初仔の2018となるグランワルツ(父ロードカナロア/牝馬)がデビューから5戦連続1番人気も中央未勝利、そして地方川崎では2戦連続よもやの競走中止で今はどこへ!?な状況。そして2019のグランプレジール(父モーリス/牡馬)は、4戦目にして未勝利を勝ち上がりとやや厳しい状況です。因みに2021はロードカナロアを配合された牝馬が誕生しております。

手塚調教師×ルメールジョッキーでデビューへ

そんな中、エピファネイアを配合されたレヴォルタードが今週末デビューを予定しています。預託先は国枝師→堀師から3番仔は手塚師となりました。気になるデビュー戦は8日(土)の東京芝1800mで鞍上ルメールジョッキーを配しており、陣営の期待度も高いという事でしょうね。調教は好調と思ったら遅れたりと動けたり動けてなかったり。馬具等の理由はありそうだが掴み辛いところもあるのか?。血統が血統だけに楽しみな反面、兄弟を見てるとやや不安もあるが父エピファネイアの血で相乗効果があれば大物も!?。相手関係からもコレといった感じが見当たらず初戦の内容は注目ですね。

タイトルとURLをコピーしました