2020年 エニフステークス(L) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果 あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

我が本命馬◎タガノアムは当たり、来たら仕方ないで切ったヴァニアライスは飛んでくれましたが…^^;。そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ ⑥タガノアム 3着(8番人気)
昇級初戦は厳しかったが、3~前走までL、OPで9、4、4着も勝ち馬とは0.5秒差以内で上がりは全て2位。鞍上は鮫島(克)Jで5、2、4、8着と掲示板を3回確保に、中京【2103】とまずまずの組み合わせ。近10戦で4着が6回と馬券圏内まで後一歩だがクラスに慣れたここで好走を期待する。

◯ ⑦アードラー 5着(9番人気)
阿蘇S(OP)を勝って早8戦勝ちきれない状況が続くがラストの脚はほぼしっかり使えていた。近走はやや距離を延ばしてのレースも終いが甘くなるだけにそれがカンフル剤になれば。ダ1400mに戻るのはプラスで後方待機からズドンで馬券圏内を期待する。

▲ ⑫ブルベアイリーデ 7着(4番人気)
ここ10戦中9戦は勝ちきれずとも勝ち馬との差は0.6秒差以内だったが、前走久しぶりに2.0秒の着差をつけられた。その前走は道中力んでリズムに乗れず参考外にできる。左回りの東京で圧勝の実績もあり、テン乗り吉田(隼)Jと共に好勝負を期待する。

△ ①デュープロセス 8着(5番人気)
兵庫GTを勝った以降結果は微妙も2走前に重賞でサンライズノヴァを相手に0.6秒差、最後方16番手から最速の上がりから4着も2、3着は重賞勝ち馬。前走OPで初の1200mに戸惑ったか、それでも6着ながら最速の上がり。58キロは酷量も斎藤(新)Jが3度目の正直で一発を期待する。

× ⑩ヒラソール 9着(1番人気)
前走は交流重賞サマーチャンピオン(G3)に出走予定もよもやの放馬で取り消しという悔しい状況。ただ、3走前のOP初戦だった天保山S(OP)ではサマーチャンピオン制覇のサヴィ相手に0.2秒差の3着。仕切り直しで1400m【3210】で初の左回りも問題なさそうで素直に期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着はマイペースの逃げからまんまとG盤を先頭で駆け抜けた6番人気のジャスパープリンス、
2着は直線内を突いてジワジワと伸びた2番人気のレシプロケイト、
3着は後方大外からジリジリと長い脚を使った8番人気のタガノアムでした。

◎我が本命が8番人気で3着に好走

我が本命の◎タガノアムですが結果3着となりました。真ん中の枠でスタートでしたが、スタートはスッと出れ1角までに後方へ下げると思いきや中団で位置取りました。道中は中団の外で追走となりましたが、折り合いもしっかりついてましたね。じっくり脚を溜め、4角前辺りから徐々にポジションを上げて直線で外側へ。大外に出し間に合うか!?と思ったが、長い脚を伸ばしてギリ3着を確保しましたね。

3連単10万円超えの高配当も…

馬券的には我が本命7番人気のタガのアムが3着に入ったものの、1着にまんまと逃げ切ったジャスパープリンス、そして内を突いて川田Jと好相性のレシプロケイトが2着。人気どころが思ったより結果を出せませんでしたが、3連単が123,260円と10万超え馬券…と、高配当になりましたね。8番人気の本命馬だけを当てても3頭当たらないと意味がないこの予想。残念ながらハズレはハズレですが悔しいです。

明日は京成杯AHとセントウルSの2重賞ですがどちらも面白そうなメンバーが揃ってますので、毎度の事ながら波乱を期待して予想をしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました